2007年04月12日

公開型GISアーキテクチャ

MapExpert HyperImage Server, IGIS Server ともにインターネットに公開したい場合がありますが、以下の図に示すように、DMZ内にGISアプリケーションWebサーバを設置することで、リアルタイムで庁内のデータをインターネット側に公開することができます。

DMZ(非武装地帯)とは、インターネット側とイントラネット側に設けられた2つのファイアウォールによって、外からも内からも隔離された区域のことです。外部に公開するサーバをここに置いておけば、ファイアウォールによって外部からの不正なアクセスを排除できます。内側のファイアウォールには、内部に入れるIPアドレスやポートを制限することにより、万が一、公開用Webサーバが乗っ取られた場合でも、内部ネットワークにまで被害が及ぶことはありません。

また、Webサーバにはローカルにデータを置かないことが基本です。そうしておけば、個人情報など重要な情報が外部に漏洩する機会を最小限にできます。

arch1.gif

posted by 開発G at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アーキテクチャ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3720364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック