2006年11月10日

地質・道路管理システム

道路とその道路の存在する地質を重ねて表示できるスタンドアロン型システムをご紹介します。

道路管理ソフトというのは、これまでも数多く開発されていますが、統合型GISでは、道路の存在する地域の土壌、地質なども重ね合わせてみることができます。こうすることで、道路メンテナンスで注意する地域を容易に把握することができます。道路データと地質地図は、半透明処理により濃淡を変えて表示することが可能です。

同様に、標高なども重ねてみることができれば、災害時に河川の氾濫などで水が溜まりやすい場所を見つけることもできるかもしれません。

カスタマイズ案件でしたが、システム構成は標準的なものです。MS-Access MDB ファイルと連携しています。将来的には、マルチユーザシステムに発展させることも可能だと思います。

igischishitu.jpg


posted by 開発G at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スタンドアロン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1692430
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック