2014年06月21日

HyperTrace Platform 海外での動作確認

HyperTrace Platform のクライアント端末 HyperTrace Client が海外で動作するか、動作確認してみました。西半球、南半球での座標取得確認の結果、海外での運搬、人の管理を日本国内から実施することができることがわかります。(当たり前ですが..)

最初に、西半球代表として、米国、カリフォルニア州での動作確認をしてみました。米国では、Android 端末の他、SmartOne という衛星通信を使った GPS 専用機でも問題ありませんでした。SmartOne はバッテリーだけで数年間動作させることができるGPS端末で、海上輸送コンテナ監視などでは、電源が取れないためこうした端末が必要になります。ただし、衛星通信を使うため、GPS 端末を天空に向けておく必要があります。SmartOne については、必要な場合には別途お問い合わせください。
usa.PNG

中国、北京周辺でも地下鉄を利用して動作確認をしてみました。電波状況に不安がありましたが、写真送信も問題なく実行できました。
pekin.PNG

南半球代表として、ニュージーランド、クライストチャーチ郊外での動作も確認しました。
nz.PNG



posted by 開発G at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究開発
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100128449
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック